2021年3月6日 【プレスリリース】北三陸を世界に発信する拠点、新工場・新本社を竣工。

株式会社北三陸ファクトリー(代表取締役CEO 下苧坪 之典、本社:岩手県九戸郡洋野町種市)は、3月6日、新工場・新本社を竣工しましたのでお知らせいたします(稼働開始はは4月)。

これまで、旧・種市給食センターをリノベーションした工場で製造を行って参りましたが、国内の本格的な販売拡大、世界市場への進出を対応するため、製造拠点を新設いたしました。

最新の設備を備え、百貨店・高級スーパーなどでの需要に対応する高度な加工製品を製造するとともに、最も厳しいと言われているEU HACCPの要件を満たす、世界基準の食品安全規格FSSC22000を取得(2021年夏予定)、弊社がめざす未来像「北三陸の食材で最高の製品を作り世界の食を愛する人たちを熱狂させる未来」を実現していく拠点となります。

工場の新設に併せて本社機能も同所に移転、北三陸の生産者と連携して発信する、セレクトアンテナショップ「北三陸エクスペリエンス・ザ・ストア」も併設いたします。
海に面した立地で種市海浜公園にも隣接しており、種市臨海エリアの新しいシンボル施設となります。うにシーズンには、工場外部デッキから、生うにの加工作業を見学することも可能となっております。

■新工場・新本社概要:
所在地 :〒028-7914 岩手県九戸郡洋野町種市第22地割133番1
敷地面積 :1604.84㎡
建物総面積 :803.75㎡
用途 :生うにの1次加工、海産物を中心とする加工品製造を行う工場、
北三陸ファクトリー本社機能、北三陸を発信するアンテナショップ

PDF [北三陸を世界に発信する拠点、新工場・新本社を竣工。]

PAGE TOP