北三陸エリアの基幹産業である「漁業」と「水産業」。

それらはその地域の地形や気候に合わせ、先人たちが知恵を凝らしながら築いてきました。

一方で、人口減少による産業の担い手の減少、産業の魅力度の低下、また温暖化による海水温の上昇や、プラスチック問題、磯焼け問題など、海や水産業を取り巻く課題は、数多く存在します。

それを解決するためには、画一的な課題解決ではなく、豊かな海を守り、生業との繋がりと向き合いながら、海と産業と人とが共存していく仕組みが重要です。「海と産業と人の好循環」を「学び」という手段を使って創造する。

それが私たちの「北三陸うみの学校」事業です。

この事業の中で、テクノロジーの活用による海産物のトレーサビリティについても研究・試行し、MSC取得によるサステナブルシーフードの実現にも取り組んで行きます。

PAGE TOP