洋野町のうに栽培は「種市うに栽培漁業センター」で稚うにを育てるところから始まります。

約1cm程度まで育てた稚うにを沖に放流(1年目)、沿岸まで迫る森から流れ込む養分で育つ豊かな海藻を食べて、冷たい海でゆっくりと大きくなります(2〜3年目)。 このうにを漁師が潜水して確保。沿岸の岩盤に掘られた溝に昆布が繁茂する「うに牧場」に移し、さらに1年、昆布をたっぷり食べさせておいしく仕上げています。水揚げまでに約4年。旨みが強く、身入りが安定した天然の生うにを、水揚げしてすぐに、地元で培われた熟練の手技で加工、出荷しています。獲り尽くすことなく、大切に育て上げる、サステナブルな漁業を実現しています。

 

PDF 洋野うに牧場の四年うにパンフレット

PAGE TOP